完全ワイヤレスイヤホンを弄ってみる(KZ-S1;;)
リンク広告

完全ワイヤレスイヤホンを弄ってみる(KZ-S1;;)

こんにちは(`・ω・´)ノシ

カスタムイヤホンの設計、製作もひと段落しまして、さて次回作はどうしようかな?と思案していたところ、”AliExpress”で注文していたあるブツが到着しました。

「KZ-S1・・・。やっと届いたかぁ・・・。」と正直安堵しました・・・。

長かった(*´ω`*)

~遡る事、2020年1月末~

以前より関心のあった”KZ-S1”というワイヤレスイヤホンが、かなり安くなっていたので”あまり考えず”注文をしました。

国内流通(Amazon等)でも入手できるので、そちらで注文すればよかったのですが、”約1,500円”の節約の為に、いつもの如くAliExpressで注文したのでした。

通常、注文して1~3日ほどの間に、何かしらの連絡が販売店より送信されるのですが、1週間待っても音沙汰なしなので、こちらから連絡を取ったところ、1日置いて返信がありました。

注文した時期で、お察しされる方もいらっしゃるかもしれませんが、”例のアレ”の件で、注文した販売店自体の運営が一時休止していたのでした・・・。(´・ω・`)

販売店側の回答もお詫びもあり、発送にお時間を頂きたいとの事。またキャンセルもして頂いて結構です。との事。

何度かやり取りをして、キャンセルせず”発送待ち”と致しました。

今回ばかりは”事が事なだけあって”、仕方ない事ですよね(´・ω・)

それからしばらく、カスタムイヤホンの製作でバタバタしていたので、忘れはしないもののそれどころではなかった為、”待ち遠しかった!”という気持ちにならなくて良かったです。

それでは弄ってみましょう(`・ω・´)ノシ

①内容の確認

外箱

KZらしく、丈夫な箱です(ここ重要)

イヤホン本体(ケース)、USBケーブル(充電用)

取扱説明書、保証書、イヤーピース(サイズS)

内容物に関しては、特筆すべきところは御座いません(>_<)

強いて言いますと、充電用USBケーブルは”Type-C”くらいでしょうか?

②まずは充電(`・ω・´)ノシ

まずは充電しない事には弄れません(。-∀-)

その前準備として、イヤホン本体にある”充電用端子”の保護シールを剥がします。

見難いですが青色のテープが貼ってあります

しっかり剥がします(>_<)

左右の保護シールを剥がして、ケースにセットしますと・・・。

青色のLEDが点灯し、充電をはじめます

勿論イヤホンケースには、イヤホンを充電する為のバッテリが内蔵されていますので、ケースの充電も必要です。

USBケーブルを接続して充電します。

充電中は赤色のLEDが点灯します

収納したイヤホンの間に充電確認用のLEDがあります。

充電中は赤色、充電完了すると緑色に点灯します(`・ω・´)ノシ

③ペアリング

ペアリングはとても簡単なので、一通り説明します(`・ω・´)ノシ

”iPhone”での説明になりますm(__)m

”設定”から”Bluetooht”の項目に入ます。

 

②Bluetoohtを”オン”にします。

③そのままの画面でイヤホンをケースから取り出すと、”その他のデバイス””S1”という欄が現れますので、それをタップします。

④タップした後に、”自分のデバイス”の欄に”S1”が追加され、”接続済み”となります。

以上、ペアリング手順でした(`・ω・´)ノシ

因みにイヤホンをケースに収納すると接続は自動的に切れますので、いちいち設定から切断しなくていいので楽ちんです(´・ω・)ノシ

④肝心な音質は?

今回私の購入した”KZ-S1”というモデルは、”ハイブリッドタイプ”でして、1DD+1BAという構成となっております。

また、姉妹機に”KZ-S1D”というモノが存在しますが、こちらはダイナミック1基のみとなりますので、ご購入の際にはご注意を(´・ω・)ノシ

低中音域にダイナミック1基、高音域にバランスドアーマチュア1基という構成です。

使用しているバランスドアーマチュアは、”30095”を使用(恐らくKZ刻印)。KZでは良く使用されているドライバですね(´・ω・)

このドライバに関しては、当ブログの過去の記事でも紹介していますので、宜しかったらどうぞ↓

肝心な音質ですが・・・。

個人的な感想はこんな感じです

※あくまでも個人的な感想ですので参考程度に・・・。

①ボーカル:サ行が刺さるが気にならない程度。引っ込んでる感じもあまりしない。
②低音:個人的には十分。
③中音:少し物足りない気がするが許容範囲。
④高音:中音と同様少し弱い感じがするが許容範囲。

なんだか渋めに書いていますが、「ワイヤレスイヤホンを初めて買うけど、予算がね・・・。」って方には本当におススメです(`・ω・´)ノシ

価格的には、Amazonでは約4,000円弱、AliExpressでは、約2,500円くらいですので、コスパ的にも良好ですよね(*´ω`*)

現在は、AliExpress、Amazon共に普通に注文できる様ですので、気になる様でしたら覗いてみては如何でしょうか?

Bluetooth イヤホン 1DD+1BA搭載 TWS ハイブリッド イヤホン (S1‐グーリン)

何よりこの値段でのワイヤレス(中華)は結構探せますが、あまりお勧め致しません。それは品質的にも音質的にも・・・。まあ他の方のレビュー(サクラ除く)を見れば良く解かります。

その中でも、中華イヤホン界隈ではメジャーな”KZ”であれば、品質や音質は多少期待できるってモノです。1年間の保証もつきますので安心(?)です。

また、イヤーピースを社外品に変えると更に良い音になる様ですがサイズの関係上、ケースに入れても”充電しなくなります”

これは他社のイヤーピースが、純正のモノより”先端が長い”と、ケースの底面に突き当たり、充電端子が浮いて接触しなくなります。

私が試したイヤーピースは”Spinfit CP360”のMサイズを使いましたが、突き当たってしまい充電できませんでした(。-∀-)

ちょっとした差なんですがね・・・。(´Д⊂ヽ

収納するごとにイヤーピースを外すか、または諦めるか・・・。

はたまた、”ケースを改造するか・・・。”

・・・。

分解できるか調べてみようかな?

まぁ色々と面白そうです(´・ω・)ノシ

今回はこの辺で!

それではありがとうございました(`・ω・´)ノシ

スポンサーリンク
リンク広告
Translate »