イヤホン製作用の部材調達(お買い物レビュー)
リンク広告

イヤホン製作用の部材調達(お買い物レビュー)

こんにちは(`・ω・´)ノシ

前回の最後に、”久々に買い出しに行った”と記しましたが、今回はその中でも2点ほどの部材のレビューを行ってみようかと思います(`・ω・´)ノシ

今回買い出し品はこちら↓

本当は、買い出しと言いますか、用事のついでの買い物でしたのでこんなモノです(´・ω・`)

①アルテコ:瞬間接着剤(802円)

②パジコ:宝石の雫レジン用コート剤(518円)

③パジコ:宝石の雫専用ポンポンアタッチメント(518円)

④ハセガワ:セラミックコンパウンド(1,060円)

※価格は全て税込み。一部某家電量販店での値引きの価格になります。

以上です。

①のアルテコ瞬間接着剤以前このブログでも紹介させて頂きましたので省きます。瞬接特有の白化し難いのでおススメです(`・ω・´)ノシ

 Amazonが若干お安く買えそうですね(↓Amazonリンク)
アルテコパワーエース瞬間接着剤(低白化)

②のレジン用コート剤ですが、こちらの商品は”今年の7月”に発売されたばかりの新製品です(`・ω・´)ノシ興味ありませんか?レビューも少ないので行ってみようかと思います!

④は単純にモデラー(模型)の方々に、高評価を受けている商品の為是非とも体感したかった訳で購入。レビューもします。

まずは宝石の雫レジン用コート剤から始めましょう!

レジン用コート剤とアタッチメント

内容は、

・レジン用コート剤:本体×1個、説明書×1枚

・アタッチメント:アタッチメント×1、アタッチメント用キャップ×1、塗布用パフ(大×1、小×1)、説明書×1

各、定価480円(税抜き)で御座います・・・。

税込みで購入しますと、2つで1,000円オーバーです・・・。(´Д⊂ヽ

質や使い勝手などを考慮して、後ほど纏めますね。

早速使ってみましょう(*´ω`*)

アタッチメント装着

コート剤の蓋を外し、アタッチメントを取り付けます。

ねじ込み式ですのでとても簡単です。

ポンポン部分(パフ)

袋の中でシール剥離してるし・・・。

パフ(小)を使うつもりでしたので、問題無いです。袋の内側に張り付かなくて良かった(>_<)

アタッチメントにパフの接着面をつけて完成。

使用後は、パフに吸っているコート剤を十分ふき取り、専用のキャップで保護します。

ここまでの突っ込みどころは、説明書では

「パフに残っている液体をティッシュで拭き取り、キャップをして保管してください」

との事・・・。

宝石の雫シリーズは、コート剤の他”有色”の顔料もあり、実際の説明書にも使用例として記載されています。

つまるところ、”アタッチメントの使いまわしはしない”前提の商品の様です(使いまわすとパフにいろんな色が混ざって・・・。)

あと、ティッシュ使って拭き取ると、ティッシュの細かな繊維が付着して”次回塗布するアクセサリ”に付着する恐れがあります・・・。この説明書、その辺りに”疎い方”には全く優しくないですよね・・・。(。-`ω-)

ただ、その辺りを問い合わせると、

「無水エタノールで拭き取って、塗り直してください」m(__)m

ってアナウンスされるのがオチでしょうね(´・ω・`)

完成間近のアクセサリに”毛屑”が付着って・・・。私ならテンションだだ下がりです(´Д⊂ヽ

もう少し、このコート剤について調べてみましょう。

ファーストインプレッション

見た目、臭いなど分かり易いところから確認してみます。

目視:全く濁った感じは無く、粘度は少し高め(ガムシロップより若干固め)
臭覚:強い刺激臭はありません。またラッカー、アクリル、エナメルなどの匂いではない。

次に各種溶剤を使用して、溶解するか確認してみます。

説明書記載の成分には、有機溶剤、合成樹脂としか記されていなかったので、説明書での推奨である無水エタノールが手近に無い場合に、他に使える溶剤があるかを確認してみます。

エナメル系溶剤

パジコは、アクセサリの部材を多数販売しているメーカーなので、安易にエナメル系かな?と思いエナメル溶剤と合わせてみました。

結果は上記画像の通り、コート剤とエナメル溶剤が分離してしまいました。

という事で、エナメル溶剤では除去できないと思います。

アクリル系溶剤

アクリル系ですと、臭いのそこまで強くなく”ラッカー系”と比べて人体への影響も少ないと言われていますので”妥当かな?”と思ったのですが、溶剤にコート剤を加えた途端、白濁化して固まってしまいました。

という事で、アクリル溶剤も無理そうです・・・。

ラッカー系溶剤

ラッカー系溶剤は、一般的な”模型用うすめ液”を使います。

予想はしていましたが、溶解し分離もしませんでした。

どうしても、手近に”無水エタノール”が無い場合には代用が利きそうです。

但し、ご存知の方も多いかと思いますが、念のため。

有機溶剤(シンナー、うすめ液、エタノール)を使用する場合は、

必ず防護手袋、防毒マスク、ゴーグルを着用して下さい!!

有機溶剤は、皮膚から吸収し易く、有機溶剤で溶けた合成樹脂が、皮膚から体内に取り込まれ様々な不調を発する場合が御座います。

本当にご注意ください!!

それでは実際に樹脂に塗布してみましょう!

と、その前に”ポリ袋”に試し塗りをしてみましたが、塗布した直後、白濁化しました・・・。

不安になりましたが、時間が経過すると、白濁も消えて透明になりました!

取り敢えず一安心です(´・ω・`)

やっと実践です(`・ω・´)ノシ

こちらのシェルの側面に塗布します。

研磨をあまりしていないシェルを選択。所々ぼやけてます。

パフでポンポンと塗布

表面がパフでデコボコになってしまいました・・・。(´Д⊂ヽ

乾燥するまでの間に、慣れるのかな?

・・・。

慣れなかった(>_<)

じゃあ軽くコンパウンドで研磨してみようかな?(悪癖発動・・・。)

コート剤、剥がれた・・・。(´Д⊂ヽ

敗因は・・・。

・一回塗布(重ね無し)で行った事。

・硬化時間が短い(約一時間)

・下地を”ペーパー”などで荒らしてなかった

こんなところでしょうか・・・。

上記を踏まえて、パフで塗布せず”筆塗”で薄く(重ね塗り無し)塗ってみました(`・ω・´)ノシ

・・・。(。-∀-)

何だ?この塗料・・・。

筆塗直後は全くデコボコはありませんでしたが、乾燥後”パフで押した様に”デコボコになっている・・・。

うーん・・・。

私は、”ツルッツル”の表面が好みなので、このコート剤は・・・。

もう使わないと思います(個人的見解)

もしかして、ここから研磨?

それって何の為のコーティング?(ウレタン塗装やレジンコートなら分かりますが・・・。)

ここで総評を・・・。

コスパ:正直、良くはない(10ml:480円)アタッチメント別売りで価格は480円・・・。パフの使い回しが難しいので尚更。
使い勝手:手軽にコート(塗装)出来るところは〇。ただ、パフでも筆でも表面がデコボコになる。つまり二度手間(作業工程が増える)
おススメ?:デコボコの無いツルッツルのシェルを作りたい場合には、”おススメし難い”です・・・。

とにかく価格は、ちょっと高いです。アタッチメントを合わせると”1,036円(定価税込み)”ですからね・・・。単純に塗料として考えたら、バ〇高いです(>_<)

それともこのコート剤、とても高価な素材を使っているのだろうか・・・。

パフの手入れなどが面倒な事と、高価(もう一本コート剤が買える値段)である事から、個人的には”筆塗”おススメではあります。筆なら100均ショップでも買えますからね(´・ω・`)

筆も可能であれば、模型用など溶剤などに強いモノが良いのですが、抜け毛など注意しておけば100均の筆でも十分活用できます(今回は実際に使ってみました!)

だったら、刷毛のついた器で販売してほしかったですね↓

パジコさん。一考頂けたらと思います。m(__)m

そしたら”アタッチメント”売れなくなっちゃうか・・・。(。-∀-)

肝心の、”皮膜の強度”に関しては、過信は禁物です。

普通に”塗料の一種”として考えた方が良いと思います。

強度的には、模型用水性カラーの出だしの頃(相当昔・・・。)くらいの”強度と乾燥時間”と感じました・・・。(タ〇ヤカラーではなく、初期の水性ホビーカ〇ー)

2度重ね塗りのシェルを”3日”放置したモノを、指で少し強く押すと指紋跡が付きました。

一週間位放置してみますかね?(。-∀-)

よって、直接耳に触れて擦れる事を考慮すると、イヤホンのコーティング剤としては不向きという結果に落ち着きました(´・ω・`)

恐らく短い期間で剥離、摩耗してしまうのではないでしょうか?

あくまでもアクセサリ用という事なので、仕方がないかな・・・。と諦めてみます・・・。

ここ最近コーティング剤に頼らず”研磨”で処理している人が、レビューするモノではないのでは・・・。とも思ってしまいました・・・。(。-∀-)

なんだか、結果的に”散々”なレビューとなってしまいましたが、個人的には、”こんな意見を持っている人もいるんだな?”って位に感じて頂けたらと思いますm(__)m

今回はコート剤の”人柱レビュー”だけで長くなってしまいましたので、次回以降に”ハセガワセラミックコンパウンド”のレビューを記したいと思います。

それではありがとうございました(`・ω・´)ノシ

スポンサーリンク
リンク広告