シェルにカラーをつけてみる(妥協案その①編)
リンク広告

シェルにカラーをつけてみる(妥協案その①編)

前回より引き続きシェルのカラー化に苦戦しておりまして。その中でも一つの妥協案といいますかシェル製作の方法の一つとして今回の方法を試してみました(`・ω・´)

①単色で製作

苦戦しているのは前回同様、偏光パールを追加した場合でしたので単色蛍光グリーンを作ります。(前回はこれも出来なくなってましたがUV照射時間を少しづつ調整して何とか・・・。)

②シェルの表面を#2000のやすりで荒らす

意外と表面がツルツルに出来てしまった(本当はこれが理想なんですが;;)為少し表面を荒らします。

③”無色”に偏光パールを追加して表面に塗る

爪楊枝ですくって薄ーく塗ってみます(`・ω・´)なるべくカーブや溝に溜まらない様にならしてゆき、表面の塗ムラが消えるまで放置します(`・ω・´)

④長めにUV照射(`・ω・´)ノシ

乾いたかな?って触って指紋が付いたら、またやすり掛けからやり直しなのでここは我慢!(`・ω・´)前回の懸念、改善点は”せっかち”だったので(´・ω・`)因みに私は30分程照射しました。

⑤完成(`・ω・´)ノシ

写真で見ると単色の蛍光グリーンに見えますが、光が当たるとキラキラしてとても満足(*´ω`*)

今回は一回の作業でやりたかったことを2回の工程で(実際はもっと工程が増えてますが・・・。)行ったことは自分の中ではあくまでも妥協案なんです(´・ω・`)これに関しては”手作りのUV照射機”の製作が必要と感じてます。(市販のUVランプでは無理かな?その理由は追々書かせてて頂きます)

それではありがとうございました。(`・ω・´)ノシ

スポンサーリンク
リンク広告