メス型の素材選択について 其の4
リンク広告

メス型の素材選択について 其の4

こんにちは(`・ω・´)ノシ

自宅に偶々”水信玄餅”を作る為に備蓄されていた”アガー”がございまして「確かこれもメス型に使えるよね?」と思い出し拝借させて頂き、お試しでメス型を作ってみました。

”アガー”の特徴といえば・・・。

①透明度が高い。(無色透明ですよね)

②成分は寒天と同じく海藻(と豆らしい)

③ゼラチンと比べて 低い 高い温度で固まりだす(40~50°Cくらい)

(※↑凝固の温度はゼラチンより高いです記載ミスの為訂正しました 4/13)

今回①の項目に大変興味があり、またゼラチンより耐熱がありそうなところにも注目しております。

自宅にあったアガーはこちら↓

推奨のレシピでは美味しいゼリー(溶けるようなプルプルの触感)が完成しますので大変申し訳ないですが今回は推奨は無視します(´・ω・)出来るだけ濃いもの作りたいです。

※あくまでも個人での作業になりますのでお試しの際にはご注意ください。

用意するもの

・アガー(今回は50g使用しました)

・計量カップ(100均にて耐熱でレンジ使用可能のもの)

・お水

・電子レンジ

工程は以下の通りに(´・ω・)

①計量カップに一袋(10g)を開けて、お水(約80cc)入れて”ふやかし”だまにならないようによくかき混ぜ少しずつお水も追加(硬さを考えながら緩くなり過ぎないように)

②沸騰させたいのでレンジでチンします(500Wで2~3分)沸騰すると泡立ち溢れることもありますので目視で確認しながら溢れないようにその都度レンジを止めます。

③作る量によって①~②を繰り返し、量を増します。

注意点は硬さを考えながら”お水を追加していく事”ダマにさえならなければお水は追加できますのであわてず騒がず(´・ω・)。融点が高いので緩くなるまで大変高温になります(おまけにトロミもあります)ので取り扱いには十分注意してください!!

完成品はこちら↓

◎使用感として・・・。(あくまでも個人の感想としてですが)

良い点:

①出来た型がUVLEDの発熱でも融解しない(少し長いとゼラチンだと融解します)

②オス型にシリコンスプレーなど使用しなくても容易に抜ける(アガーの水分のせいかな?)為、メス型へのダメージが少ない。

③ゼラチンと同様、再利用可能(*’ω’*)

いまいちな点:

①水分に覆われてる(寒天も同じ?)

②型として使用に耐えられる弾性まで濃縮すると白濁化(上写真参照)する。これだと寒天を使ってる時と一緒かな?

③融点が高いので”ゼラチン”と比べると再利用の際時間が掛かる。

利点は想定の範囲でした。また、いまいちな点を挙げているものもある程度想定できるところであり、特に融点は高い事はその後のレジン硬化の際に”利点”に転じるところなのでそれさえ条件をのめば大変有利に活用できると思います(*’ω’*)”寒天やアガー”を使用したことない方はこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

それではありがとうございました。(`・ω・´)ノシ

スポンサーリンク
リンク広告