イヤホンのブツ撮りテスト(忘却していたカメラ・・・。)
リンク広告

イヤホンのブツ撮りテスト(忘却していたカメラ・・・。)

こんにちは(`・ω・´)ノシ

今年初めの頃、”ブログ用のデジカメが欲しい”と記していましたが、実はまだ使えるか分からない(鑑賞に堪えられるかの問題)カメラがあるんです。が・・・。

一眼デジカメなんです(。-∀-)

購入した時は、お出かけの際に使うと”良いかなぁ”くらいの軽い気持ちで購入しました。

ただ、いざとなったら手近なコンデジだったり、スマホなど楽な選択ばかりして、肝心な一眼デジカメは、乾燥材を沢山詰めたプラケースに仕舞い込んで”無かった事”になってしていました・・・。

カメラを趣味にされている方々。大変申し訳ありません。m(__)m

屋外に持ち出すのが億劫(重い、大きいなど)であれば、イヤホンの”ブツ撮り”に使えないか?という事で、操作方法の再確認や撮影の練習を兼ねて進めたいと思います(`・ω・´)ノシ

※因みに上記文面にてお察しの通り、カメラ操作(殊更一眼なんで・・・。)に関しては全く触れておりませんのでご了承くださいm(__)m

こちらが所有のカメラになります↓

Nikon D3000(ダブルズームキット)

数年前に某家電量販店で、”ワゴンセール”だったモノを新品購入(価格失念)

購入動機は、

①「ニコンだから間違いはないだろう?」

②「ワゴンセールで発見。リーズナブルだった」

以上、”とてつもなく安易”なものでした・・・。(。-∀-)

後から知ったのですが、数世代前のモノですが、現在でも愛用者もおられる機種の様です。

なんか期待は高まります(*’ω’*)

一眼入門者の方々にも優しい設計(操作ナビの充実など)になってます。

何らかの要因で、”シャッタが押せない(撮影できない)”場合に、その原因を液晶表示でナビしてくれたりしますので、私みたいな初心者が”カメラ”を学べるのが嬉しい限りです(*’ω’*)

また、一般的な一眼(発売当時)のサイズより、ひと回りコンパクトな作りになっていて、女性やママさんなどに人気があったとの事。

現在はミラーレス一眼が、各メーカーから多種発売されていますので、コンパクトという点では売りにはなりません・・・。(´Д⊂ヽ

※8/27追記:撮影に使用するレンズはこちら↓

※8/27追記:撮影に使用するレンズを記していませんでしたので、改めて追記いたします。

AF-S NIKKOR 18-55mm 1:3.5-5.6G

ダブルズームキットのモノですが、なかなか評判のいいレンズです。

近接の撮影にも使える様ですので、これを使います(`・ω・´)ノシ

手探りながら今回の撮影の動機になった”新作のIEMシェル”を撮影してみました(`・ω・´)ノシ

何とかなるものです(´Д⊂ヽ

玉虫偏光も何とか写真に撮れました。

今回製作したシェルは”少量の玉虫カラー”を入れていますが、その表現が撮影出来てよかったです(´・ω・)ノシ

他にも撮影してみましょう(`・ω・´)ノシ

蛍光グリーンが以前製作したシングルBA、スモークブラックは可変抵抗を追加したバージョン。

スモークブラックの方は、薄く青系の偏光を入れてますが、流石に撮影では表現できなかった模様・・・。(薄っすらと見えてますが・・・。)

以前製作したイヤホンのフェイス(特殊加工の表現)の撮影。

ついでに手近にあったフィギュアも撮影(。-∀-)

これだけ近接撮影出来れば十分です(>_<)

今回の写真は、まだ始めたばかりでまだまだかと思いますが、もっと四苦八苦する事を予想していたのにも拘らずすんなり撮影出来ました(´Д⊂ヽ

ただ、改めて写真(没写真含めて)撮影を見てみますと、やはりピントの合ってる箇所がズレていたりと、不慣れな点が多々見受けられましたので、これから徐々に使い慣れていこうと思います(>_<)

前回まで、スマホが手軽過ぎて横着になってましたが、イヤホンの完成品は”D3000”を使っていこうと思います(`・ω・´)ノシ

尚、作業工程などはこれまで通り、小回りの利くスマホを利用したいと思います。

今回はこの辺で!

それではありがとうございました(`・ω・´)ノシ

そんなことより・・・。

折角製作した”IEMシェル”ですが・・・。

フェイスのデザインが思いつかず、軽く”頓挫”しております(。-∀-)

どうしましょ・・・。(´Д⊂ヽ

スポンサーリンク
リンク広告