あけましておめでとうございます。(言い訳とイヤホンレビュー)
リンク広告

あけましておめでとうございます。(言い訳とイヤホンレビュー)

新年あけましておめでとうございますm(__)m

当ブログも今年で「2年目」を無事(?)迎える事となりました(`・ω・´)ノシ

今年もマイペースではありますが、続けられたらと思いますので何卒宜しくお願い致します!

さてさて・・・。早速ではありますが、昨年の年頭に下記の目標を掲げていたのですが、ひとつづつ軽く振返ってみたいと思います・・・。(。-∀-)

①8以上の多ドライヤホンの設計
②①を踏まえて何かしらの事が出来たらと・・・。
③去年全く製作出来なかった模型製作(何でもいいので・・・。)

以下、言い訳モードスタート(。-∀-)

①は、5ドラ止まりでした(早速ミッション失敗;;)。これに関しては、現在色々と研究中ですので今年に持ち越しとさせて頂けたらと思いますm(__)m

②も必然的に以後持ち越しとなりますm(__)m

③は・・・。

いろいろ買ってはいるが積んでいる状態です(>_<)

とはいうものの、取り敢えず簡単なところから始めています。

昨年末公開した、「スターウォーズ~スカイウォーカーの夜明け~」を鑑賞後の帰途に、こんなモノを買ってきました↓

デス・スターⅡです(;´・ω・)

なぜ、”デス・スターⅡ”なのか?といいますと・・・。

リーズナブルでサイズ感もお手頃だからです!

模型製作のリハビリには、最適だと思いますが・・・。

パーツ数もこんなに少ないし(´・ω・`)

でも、よくよく観察してみると、結構細かいので苦戦しそうです。

現在(2020年1月1日)は、塗装をどうするか思案中です(>_<)

結局全ては未達だった訳です(´Д⊂ヽ

今年こそ頑張ります(´Д⊂ヽ

全く当てにはなりませんが、今後当ブログで紹介できたらと思っておりますm(__)m

さて昨年の振り返りはここまでとなりますm(__)m

今回は、これではまだ終わりません(。-∀-)

年末に100均ショップの「DAISO」にて、こちらのイヤホンが並んでおりました↓

”高音質”ステレオイヤホン!!

定価は300円(税抜)・・・。

型番は、向かって左が「HQ-001」、右が「HQ-005」となります。

今までもDAISOでは、100円超えのイヤホンは発売されていましたが、こんなモノかな?って感じで正直イマイチでした。(当ブログでもあまりに微妙だったのでスルーしてしまいました)

ただ、今回は”2種類の100円越えイヤホン(色違い除く)”が並んでいましたので、興味が湧いてしまい購入した訳です(´・ω・)ノシ

しかも”高音質”を謳ってますから、否が応でも期待はしませんか?

では早速始めましょう(`・ω・´)ノシ

①外観

本体は、ステムが”ストレート(型番:HQ-005)””曲がっている(型番:HQ-001)”タイプの2種。

色違いも存在しますので実際ご確認頂けたらと思います。

本体の形状も表面加工も全く異なります。(鏡面処理とアルマイト処理)

どちらも本体側ケーブル根元のに”L、R”の表記がされておりますので、付け間違いはないかなと思います(特にストレート型)

マイク付きになっていますので、スマホでの通話なども可能です↓

ジャックもちゃんと、4極3.5mmになってます

また、こちらのイヤホンの特徴が、ケーブルに音量調整ボリューム(スライド式)が付いているところでしょうか↓

記号(+/-)方向へスライドで音量調整可能

手元で容易に音量調整が出来る様になっています。

必要な方には有難い機能かと思います(´・ω・`)

チョット変だなと思うところ・・・。

マイクもあり通話も出来て便利かなといますが・・・。

イヤホンケーブルの分岐部分にマイクがあるんですよね・・・。

つまり、通話の際は・・・。

分岐部分を口元に近付けないといけない(´・ω・`)

ハンズフリーの恩恵があまり感じません・・・。(´Д⊂ヽ

騒音が気になる場所での通話には良いかもしれませんが・・・。

音量ボリュームの件もありますので、コストダウンも兼ねてひとつに纏めた(マイクと音量ボリューム)のでしょうね?

②仕様と音質

さて、仕様なのですが、一応挙げておきます(´・ω・)ノシ

・再生周波数帯域:20Hz~20kHz
・インピーダンス:32オーム
・ケーブル長さ:1.2m

こんな感じです(´・ω・)ノシ

試聴しての個人的な感想(2種)

HQ-001:低音域が弱く感じたので、付属のイヤピースが原因かな?と思い、いろいろ試したところ多少の改善はされましたが、それでも弱く感じます。中高音好きな方向きではないかと思います。

HQ-005:低音域がシッカリ出ている印象ですが、中音域が少し埋もれている印象(足らない感じ)。ボーカル音はよく聞き取れます。

所感(個人的まとめ)

クドクド言うよりストレートに、個人的には”HQ-005”が好みです(´・ω・`)

正直、”300円イヤホン”としては、上出来だと思います(´・ω・)

HQ-001も悪くはないのですが、少し低音域の足らなさが気になりました(>_<)

上記2種共通して言えることは・・・。

付属のイヤピースが、く〇。ということです(>_<)

何が無くとも交換です(`・ω・´)ノシ

特にHQ-001は、イヤピース交換必須です!

付属イヤピースで聞いてみたら・・・。

なにこの、〇そイヤホン(失礼!)

と思ってしまいました・・・。(´Д⊂ヽ

※注意:イヤピースに関しては、個人の使用感、装着感に依存しますので、もし使用されるのであれば、いろいろ試してみて下さいm(__)m

イヤピースに関しては、どのイヤホンでもいえる事なんですがね・・・。(。-∀-)

◎オマケ

最後に周波数特性(2種比較)を掲載いたします↓

測定環境にもよりますので、あくまでも参考程度にどうぞ(´・ω・)ノシ

今年もマイペースではありますが頑張りますので、よろしくお願いします。m(__)m

それではありがとうございました(`・ω・´)ノシ

スポンサーリンク
リンク広告