またしてもAliExpressが・・・。(その③完結編)
リンク広告

またしてもAliExpressが・・・。(その③完結編)

こんにちは(`・ω・´)ノシ

久しぶりにブログの投稿ができます( ;∀;)

少しばかり冷え込んできました。巷ではそろそろ”インフルエンザ”が話題に上がる季節になりました。皆様も体調管理にはくれぐれもご注意を(`・ω・´)ノシ

今回はタイトルの通り、AliExpressで購入した”リューター”の完結編をアップします。

事の発端はこちらからどうぞ↓

その①→こちら

その②→こちら

リューターを注文し、解決まで””約1カ月強”を要しました・・・。(。-∀-)

流れではこんな感じです。

9/19:注文

10/4:品物到着

10/11:返品

11/4:交換品到着

こんな流れの間、販売店との交渉(返品や返品に発生する送料の返金等)が、ほぼ毎日(・・・。)行われていました(´・ω・)

では今後もし、海外での通販にてトラブルに不幸にも見舞われてしまったら、どんな作業や事前の備えが必要か?今回の件を踏まえて記したいと思います。

①返品やトラブルの問い合わせなどの文章は、「簡素」に!

外国人との交渉では”言葉の壁”は多分にあり、伝えなければならない内容をいかに”簡素”に表現するかにかなり時間を費やしました(´・ω・)

特に品物の動作に問題がある場合、技術的な内容になればなるほど相手に”通じ難く”なります。原因は文章的に長くなる傾向になり、訳がおかしくなります。

私の場合は、改行や句読点で区切り、”Google翻訳”で、日本語→英語を実行。そのまま英語→日本語にして、極端に変な内容になっていないか?繰り返し確認して文章を作成しました。

赤丸の部分の入れ替えを実行して、文章が変な翻訳になってないか確認します。

その時のやり取りの一部は、前回の記事(こちら)で記しています(´・ω・)

あと、海外でも通用する名称などは調べておく。

例:

・テスター→multimeter

・変圧器→voltage transformer

和製英語(で良いのかな?)などは当然通じないので、英訳をネットで確認しつつ交渉します(´・ω・)

私の場合、完全に”Google翻訳”頼りとなりました( ;∀;)とりあえずトラブルは解決したので手段としては間違ってないと思います・・・。(???)

②返送料金の受け取り方法の確認

当初、返品する際に”送料着払い”を考えていました。

個人で海外に送料着払いする場合、選択はひとつ。

”FedEx”のみとなります。

ただ、FedExでも条件があり、送り主も受け取り側もFedExのアカウントを所有していないといけないんです。アカウントは個人でも簡単に作れます(詳しくはFedExのHPで!)し、問い合わせのオペレータさんも親切で全く問題無いのですが、受け取り側がアカウントを持っていないとダメなんです(今回はそれでした)

海外の取引のある業者ならFedExは利用していると思うのですが・・・。(送料は高いらしい)

今回は仕方ないので、郵便局の”国際郵便(EMS)”を利用させて頂きました。前回も記しましたが、3,800円掛かりましたのでなかなかバカにならないです・・・。

実際の交渉時「送料は返金してくれる」と伝えてきたので送金方法を調べていましたら、最終的に”PayPal”という選択になりました。販売店もPayPalにして欲しいと提案もありました。

PayPalは、お買い物で一度だけ使用しましたが、それ以降全く利用していませんでした。

調べてみると自分のアカウントに入金してもらうには、”ビジネスアカウント”はでないとできないとの事・・・。

私の場合、お買い物のみで作ったアカウントなので、”パーソナルアカウント”(個人でお支払いのみのアカウント)だった為、”ビジネスアカウント”に変更手続きを行いました。詳しくはPayPalのホームページで確認してみて下さい(´・ω・)

まあこんな感じで不慣れなやり取りをしてますと、やっぱり失敗をしてしまいます・・・。

このPayPal、入金による”手数料”が発生します(商売ですからね・・・。)

入金の手数料の事を交渉の途中で思い出し伝えたところ、

「指示された金額入金したよ?USDで。」とのこと・・・。

一歩遅く入金された金額は手数料を差っ引かれたモノでした・・・。

しかもUSD(米ドル)って・・・。JPY(日本円)にするときに”また”手数料かかるし・・・。仕方ないのでPayPalで買い物するまで置いておく事にします。

なんというか・・・。まぁ・・・。勉強代という事で( ;∀;)

返品などのトラブルさえなければいいのですが、もしもの場合はPayPalのアカウントは用意しておいても良いのでは?と思います。

それを踏まえて、販売店に相談する際には以下の2点を確認した方が良いかもしれません。

①PayPal入金手数料を販売店に提示。

②JPY(日本円)での入金は可能か?

この二点はPayPalのカスタマーの方にアドバイスを頂きました。正直②のJPYは対応してもらえるとは思えませんが、一応確認をした方が良いかと思います。

FedEx受け付けてくれればこんな事にはならなかったのに・・・。(´Д⊂

ただ、私が恵まれていた(?)事といえば、販売店がリューターの直販店で、且つ対応された担当者のレスポンスが非常に良かった事でしょうか・・・。高額の品物なのでそこ”だけ”は本当に運が良かったかな?と思ってます。

今回の一件で、AliExpressでの高額品の購入は少し考える様になりました。5桁の買い物は極力避けたいと思います(。-∀-)

皆様もご利用の際には、販売店のレビューを閲覧(チョットは販売店の対応が分かります)するなど慎重に検討してみてください。

それではありがとうございました(`・ω・´)ノシ

スポンサーリンク
リンク広告