カスタムIEMのイヤーピース(一時凌ぎかな?)
リンク広告

カスタムIEMのイヤーピース(一時凌ぎかな?)

こんにちは(`・ω・´)ノシ

有難い事に、メールにて様々な質問を頂ける機会が増えてまいりました。

そのご相談の流れで、”カスタムIEM用のイヤーピース”の話が出ました。

私自身も所有していますが一度も使用した事が無かったので、いい機会なので使ってみようかと思います(`・ω・´)ノシ

こちらが現物です↓

商品名:Comply Soft Wraps PLUS

メーカー:Comply(コンプライ)

価格:JH16Aの付属品(非売品)

メーカーは低反発イヤーピースでお馴染みの”コンプライ”。価格は”JH16A”の付属品の為不明ですが、同等品で5組分同梱されているモノが市販されています(Amazonや大型量販店で約2,500~3,000円)コンプライだけあって少々高い・・・。

機会が無くて存在を忘れてしまっていましたが、折角なので使ってみましょう(´・ω・)

開封(´・ω・`)

ハムか何かのパッケージの如く開封できます。

内容物がこちら↓

細長い低反発クッションが2本(一組分)

試供品的に付属してましたので、一組分しか入っていませんでした(´・ω・)

◎ファーストインプレッション:

・これをシェルに直接巻き付ける訳ですから、普通のイヤーピースより消耗しそう・・・。

・衛生的にどうだろう・・・。(交換の頻度が心配)

装着してみよう(´・ω・)ノシ

説明書には”接着面に触れない様にタブを使います”云々と書かれてありますので、写真の様にタブを利用して台紙より剥離します。

装着するとこんな感じです。

巻き付ける箇所は、説明書の”グレー(外耳道)”になってる部分に、”重ならない様に”巻き付けます。

見た目は”かなり”太く見えますが、低反発素材ですから指で簡単につぶす事が出来ます。

と言いながらも、指でつぶしてもまだ太く感じます(´・ω・)

使用感(個人的感想)


率直な感想は・・・。

時間が経つと耳が痛い( ;∀;)

原因は、そこまで緩く(狭くもないが)もないIEMに装着した為、低反発素材の圧迫で時間の経過につれ痛くなってきました。これって私がユニバーサルイヤホンで苦手なところじゃん・・・。

それが嫌で”IEM”使っているのに、これでは本末転倒です( ;∀;)

ただ、緩くてリフィットに抵抗がある(または保証も切れてる)場合には”選択肢のひとつとして一考”の価値はあるかと思います。(外部的に加工する訳でないので気軽に試せる)

コスト(五組2,500~3,000円)的にこのイヤーピースがどれくらいの耐久度があるかも不明ですので、そのあたりも考慮しなければいけないですね。

音質的には”低音”が強く感じます。ただこれも”JH16A(JH-3A)”では、あまり恩恵を実感できないんですけどね・・・。(IEMの選択ミスかな・・・。(´Д⊂ヽ)

今回久々にJH16Aを聴きました・・・。(本当に自作イヤホンしか聴いてない)

こんな感じだったなぁと懐かしんでみたり、なによりJH-3Aのバッテリの持ちの良さに感心しきりです(ラ〇ックのポタアンのバッテリなんてすぐダメになったよ(-“-))

今回の内容はご質問頂いた内容の延長上のモノでしたが、当ブログでは”私が解る範囲”でお答えさせて頂きますので、お気軽にご連絡くださいm(__)m

それではありがとうございました(`・ω・´)ノシ

スポンサーリンク
リンク広告